リーフレット/マキのパン屋

今回はロゴマーク、名刺デザインに続き、マキのパン屋さんの二つ折りリーフレットを作らせていただきました。

個人で飲食業を営むみなさんは、製造から配達、販売、PR活動など、日々のお仕事が本当に大変だと思います。

マキさんもそのお一人で、なかなかお客様にじっくりと商品説明をする機会がないということで、現在の活動をひとつにまとめたパンフレットのようなものを作りたいというのが今回のご依頼でした。

さらにイベントでの配布、店置き、通販での同封といった使用を考え、二つ折りのリーフレットを作成することになりました。

広告的には一枚の紙を折り加工するものをリーフレットと呼びますが、一枚の紙を二つ折りにすることで両面で4ページものにすることができます。この形式を利用して、表紙、ごあいさつとプロフィール、商品と販売方法の説明、教室のご案内と地図や連絡先の4つの構成にまとめました。

全体のデザインとしては、ロゴマークのレトロな雰囲気とカラーを継続して、よりブランディングが深まるようにイメージ展開をはかっています。今回コート紙を使うアイデアも出ましたが、名刺と一緒に渡すときにイメージの統一を考えてマット系の紙にさせてもらいました。センスとは五感で感じるものですから、「見た目の質感」「指から伝わる感触」こういったものも利用しない手はありません。

肝心の中身ですが、写真ではあまりをお見せしません。笑
そこにはマキさんの活動と想いが詰まっているので、ぜひどちらかで手に取ってご覧頂きたいと思います。

ひとつだけ、表紙のコピーの出だしに「わたしのこだわりは」と書きました。この「わたしの」のひと言が「私がいま言いたかったことです」とマキさんが言ってくださいました。

自分の商品や企画、活動を進めている方は、みなさんこだわりがあると思います。そのこだわりこそがオリジナリティーであり、アイデンティティーだと思うのです。その部分を「わたしの」に込めた自分の想いをマキさんが受け止めてくれたことをとても嬉しく感じました。

お仕事をしていてありがたいのは、自分のセンスを信頼してもらっていると感じるときです。その想いには絶対に応えたいし、その期待値を越えることがプロとしての仕事だと考えます。

こうしてまたひとつ増えた販促物が、マキさんの心強い味方になってくれたらと思います。そして何よりマキさんのベーグルの魅力が、一人でも多くの方に届くことを願っています。(T)

ネットショップはこちら
http://makinopanya.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です