A5チラシ/ムトウ削節店

戦後69年。他国に攻め入ることもなく、国民が戦争に駆り出されることもなく、平穏に(とばかりも云えませんが)過ごせる日々に感謝するばかりです。
さて、今回ご紹介するムトウ削節店さんは、なんと土浦市で80年以上の歴史を誇るお店で、厳選された薩摩産の鰹節やサバ節をほかでは真似のできない熟練の技とアイデアで、素晴らしい商品の数々を提供してくれています。
もともとお仕事をいただいたキッカケは、ニコニコ珈琲さん主催のパリの朝市「ニコ・マルシェ」でご一緒したことから始まったのですが、この夏、オクサマが開発したオリジナルのめんつゆやふりかけのPRも兼ね、「ぜひタカダさんにチラシを作ってほしい」と云っていただきました。そして(今回もですが)どういうデザインにするかはお任せしますということで、喜んでお引き受けしました。
とにかくこれだけおいしい商品とりっぱな歴史をお持ちですから、その「深み」とともに、日常の中で身近に使ってほしいという「親しみ」を演出するために、またしてもイラストを描くことにしました。
細かいところで云えば、薄くて艶のある削節の「透明感」を再現することなど悩みどころは多かったのですが、それよりもロゴマークがはっきりと決まっていなかったり、これがムトウ削節店です!というイメージ戦略の部分で、全体的に統一感がなかったので、今後の展開をはかる上でそのベースになるものを作ろうと考えました。
結果、ご覧いただいてるものになった訳ですが、想像以上に喜んでいただき、その後、同じイメージでの名刺、さらにふりかけのパッケージの仕事もいただき(こちらは6種類を順次変更して行きますので、まとまった時点でまた見ていただきます)、結果ブランディング的なお仕事になりました。
商品やお店は間違いないのに、どうやってブランド化していけばいいのかがわからない?タカダデザインでは、できればそんな個人店さんや個人企業さんのお手伝いをしたいと考えています。大きな仕事より、喜んでいただける仕事を…それがタカダデザインのこれからのテーマになりそうです。(T)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です