名刺&チラシ&屋外ステッカー/つくば飾り巻き寿司教室ハピマキ

いつもながらのスローペースで、お仕事をご紹介させて頂いているタカダデザインです。今回のお仕事は、今年1月から県南地区を中心にスタートした、飾り巻き寿司の教室を主催するハピマキさんです。

お仕事を頂いたキッカケは、以前にご紹介させて頂いたマキのパン屋さんが教室に行った際に出した名刺のデザインが印象的だったということで、すぐにご連絡を頂き、打合せをさせて頂きました(タカダデザインはこのパターンが多く、とてもありがたいです、深謝)。

打合せの段階では「つくば飾り巻き寿司教室」のお名前で教室をされていました。そこでまずこちらからご提案したことは、みなさんにすぐ覚えてもらえるように、屋号を決めましょう!ということでした。結果、オーナーの坂口さんがみんながハッピーになれる飾り巻き寿司「ハピマキ」というお名前を考え、そこからロゴマーク、ビジュアルイメージ、販促内容を構築していくことにしました。

実はデザイナーとしての内情をひとつお話しすると、ご紹介で頂くお仕事の場合、タカダデザインで作ったものを見て頂いているので、テイストを気に入って頂いてご依頼を受ける…これはとてもありがたいことです。

その一方で、たとえば今回の場合、マキのパン屋さんのデザインを気に入って頂いたので、ご期待に添いながら、それとはまた違うオリジナルデザインをどうやって起こすか?ここをきっちりとご提案できることがプロの仕事だと考えます。

ではどこでその差別化をはかるか?というと「これはお客様をよく知ること」につきると思います。そこで感じたものをどうカタチにするか?がデザイナーの仕事であり、タカダデザインの制作物はテイストが似通っていながらその中で変化を見せることができるのは、お客様の個性を自分なりにクリエイトできた結果なのです。

そして今回、お花をモチーフにした巻き寿司のマークと楽しい雰囲気のロゴ、飾り巻き寿司を坂口さんの三人のお子様が囲むメインビジュアルをご提案させて頂きました。これらのモチーフはすべて坂口さんとのお話の中から、自分がピックアップさせて頂いたものです。

実際の制作物としては、タカダデザインのブランディングスタンダードコースとも言える、名刺、チラシに加え、クルマに貼る屋外用の大型ステッカーまでご依頼頂きました。

自分の経験とアドバイスを信じ、ようやく完成したロゴマークを活用して頂けることはとてもうれしいことです。ハピマキさんの飾り巻き寿司教室の活動がますます広がっていくことを願いますし、もしこのステッカーのクルマを見かけたらぜひ教室の方にも行ってみてください。必ずハッピーになれますから!(T)

※クルマのお写真はハピマキ様よりお借りしました。

詳しくはコチラ
http://hapimaki.com

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です